看護師と准看護師の給料

OFF

さて先ほど看護師になるためには国家試験を受けなければいけないという話をしました。

看護師とはよく聞くと思うのですが、その他にも准看護師という言葉を聞く機会があります。

この二つには一体どういった差があるのでしょうか。

給料やできることに差があるのでしょうか。

まず両者の違いは免許にあります。

看護師が国家資格なのに対して、准看護師は都道府県知事免許です。

看護師は自らの判断により主体的に看護が行えますが、准看護師は医師、歯科医師、看護師の指示により看護を行うことができます。

准看護師から看護師になるという道もありますが、そのためには新たに専門学校に通ったり、10年以上実務経験があっても通信制の養成所で勉強しなければいけません。

また待遇の面でも准看護師だと役職に就けないという病院もあります。

給料も看護師と比べると低い場合もあります。

准看護師というのはもともと看護師不足を背景としてできた制度で、今後の方針によっては制度自体が廃止されてしまう可能性もあります。

もし今から看護師の道を目指そうと思うのならば、准看護師ではなく、看護師を目指したほうが様々な待遇の面でよいことが多いので頑張りましょう。

This post was written by , posted on 12月 19, 2012 水曜日 at 9:54 am

Comments are currently closed.